新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > イロワケイルカに赤ちゃん誕生!


イロワケイルカに赤ちゃん誕生!

2021年07月12日(月)

 2021年7月11日午前5時44分、イロワケイルカの「ステラ」に赤ちゃんが誕生しました。状態も安定していることから明日13日(火)より一般公開を行います。

 イロワケイルカの「ステラ」は昨年より妊娠が確認されていました。7月8日から体温の低下や餌を食べる量の減少といった出産の兆候が見られた為、飼育係が慎重に観察を行っていたところ、11日の午前5時44分に無事出産しました。赤ちゃんは生まれた直後より「ステラ」に寄り添われながら力強く泳いでおり、母仔ともに健康な様子に飼育係も胸をなでおろしています。
 母親の「ステラ」は神経質な面がありますがおとなしい性格で、過去の出産でもしっかりと育児をした経験をもつイルカです。出産から約10時間後に初授乳が確認され、その後も安定して授乳する様子が見られることから13日(火)よりIゾーン「極地の海」での一般公開を行います。赤ちゃんがまだ水槽に慣れておらず壁に衝突などの危険性があるため、しばらくの間は飼育係が24時間態勢で注意深く観察を続ける予定です。
 飼育担当者は「無事出産を終えたステラにお疲れ様ですと言いたいです。全国的に頭数の少ない種類のイルカなので元気に育ってくれるよう見守って行きたいです。」と話しています。

当面の間は、水槽前ではシャッター音を伴う写真撮影をご遠慮頂いております。
   ビデオ撮影は従来通り行って頂けます。
 現在はシャッター音を伴う写真撮影も通常通りしていただけます。



【赤ちゃん】性別:オス / 全長:推定70cm / 体重:推定6kg
【母親】  愛称:ステラ / 年齢:20歳 / 出産経験:4回目(前回2019年6月出産)
      (2001年5月26日 マリンピア松島水族館[宮城県宮城郡松島町]生まれ)
【父親】  愛称:カイ  / 年齢 : 24歳(1997年5月25日 鳥羽水族館生まれ)

※当面の間は、水槽の一部を制限しての公開となります。

■イロワケイルカ
南アメリカ大陸南端付近の冷たい海(水温5~12℃)に生息する小型のイルカでオキアミやイカ、小型の魚類などを食べる。平均体長約135cm、平均体重約40kg。白と黒の鮮やかな色分け模様から“パンダイルカ”とも呼ばれる。1987年3月に鳥羽水族館で日本初公開。


うら側探検隊リニューアル!「スナメリツアー」募集開始

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記