新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > ミナミアフリカオットセイに赤ちゃんが誕生しました!


ミナミアフリカオットセイに赤ちゃんが誕生しました!

2021年05月19日(水)

 2021年5月17日 午前5時33分、ミナミアフリカオットセイの「ラン」に赤ちゃんが誕生しました。

「ラン」はここ数日の間で体重の増加と、採血によりホルモン値の変化が確認されたことから、出産が近いことが予想されていました。観察を続けていたところ17日の朝、宿直当番の飼育係が見回りの為に獣舎に立ち寄ると、母親に寄り添いながら元気に鳴いている赤ちゃんの姿を発見しました。
 赤ちゃんの性別は不明で、体長約45cm、体重約4.0kg(共に推定)。産まれてすぐに動き回るなど元気な様子で、出産当日に授乳も確認されました。現在はランが落ち着いた環境で育児に集中できるように、母子2頭バックヤードで過ごしています。
 母親の「ラン」は、以前はアシカショーでも活躍していた鳥羽水族館一の美人アシカで、気の強い一面があるものの普段はとてもおとなしい性格。今回でまだ2回目の出産ですが、出産直後から赤ちゃんにしっかりと寄り添うなど、既にベテランママのような子育てぶりを見せ飼育係を安心させています。
 飼育担当者は「無事元気な赤ちゃんが産まれてホッとしています。成長を見守りながら、積極的に赤ちゃんの様子をお伝えしていきたいです。」と話しています。
 現在のところ、一般公開については未定ですが、ご家庭からでも元気な姿をご覧頂けるように飼育日記(公式HPに掲載)や、当館公式TwitterアカウントなどのSNSを通じて赤ちゃんの成長の様子を発信していきたいと思います。

赤ちゃん

体長約45cm / 体重約4.0kg (共に推定)/ 性別:不明

誕生日時:5月17日  午前5時33分

※5月20日に性別はオスと判明しました。その時測定した体重は5.3kgでした。

母 親 愛称:ラン / (推定14歳)(2007年8月18日入館)(野生個体)出産2回目
父 親 愛称:ドン / (推定14歳) (2007年8月18日入館)(野生個体)

 

※ 現在、鳥羽水族館で飼育しているミナミアフリカオットセイは10頭となりました。
 (オス3頭 + メス6頭 + 今回の赤ちゃん)


お母さんを見つめる赤ちゃん♪


うら側探検隊リニューアル!「スナメリツアー」募集開始

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記