新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > バイカルアザラシ「ナターシャ」入館40周年を迎えました!


バイカルアザラシ「ナターシャ」入館40周年を迎えました!

2021年05月18日(火)

 

 バイカルアザラシの「ナターシャ」(メス、推定40歳)が2021年5月17日に入館40周年を迎えました。国内最高齢のナターシャは、現在長期飼育記録を更新中で、これを記念して、ナターシャに毎年恒例となっている大好物の川魚「アユ」をプレゼントしました。

 ナターシャが入館したのは1981年5月17日で、入館当時の体重は13.2kg、体長72cmの推定0歳でした。小さい頃は病気にかかったり、1994年の新館への引越しなどさまざまな経験をしながら年を重ね、今年5月17日に入館40周年を迎えることになりました。現在の体長は約105cm、体重約79kg。エサはアジ、シシャモ、ホッケで毎日2kgほど食べるなど、食欲も旺盛で、とても元気です。今までは気が強いボス的な存在でしたが、近頃は一番若くやんちゃな「ニコ(1歳)」の勢いに少し押され気味ながらも優しく見守るなど、新たな一面も垣間見えます。

 当日は、午前11時と午後3時の餌の時間に合わせてナターシャのために合計6匹のアユを用意したのですが、他の個体たちに2匹取られてしまい、結果的には4匹のアユがプレゼントされました。それでも、飼育担当者は「他の子たちにアユを取られても全く気にせず、いつも通りの餌をしっかり食べるところがナターシャらしく、この動じない性格が長生きの秘訣では。これからも暴飲暴食はせずに長生きをしますというメッセージかもしれません。」と話していました。

 40歳を迎え、まだまだ見た目にも衰え知らずのナターシャ。これからも長生きしてくれることを期待したいです。


餌を前に思わずよだれが


〔夏の企画展〕
TOBAリンピック
~あつまれ!水中のアスリート~ 開催
今年も登場!
カエルとイモリの天気予報水槽
うら側探検隊リニューアル!「スナメリツアー」募集開始

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記