新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > 志摩マリンランドより海水生物を搬入しました


志摩マリンランドより海水生物を搬入しました

2021年04月22日(木)

 本日4月22日(木)志摩マリンランドから鳥羽水族館へ海水生物の搬入を行いました。

 これは3月31日をもって営業を休止された志摩マリンランドより依頼を受け、同館で飼育されていた生物の一部の受け入れが決定したことによるものです。

 今回搬入したのは、アメリカカブトガニなど10種63点の海水生物です。ほとんどの生物は一度バックヤードの水槽に収容しましたが、アメリカカブトガニ2匹とネコザメ1匹は「古代の海ゾーン」にあるカブトガニの展示水槽へ移し、早速展示を開始しました。

 今後も、志摩マリンランドからの移送作業は複数回に分けて実施する予定で、5月下旬頃にはピラルクなどを含む淡水魚を、6月以降にはフンボルトペンギンの移送を予定しています。

 志摩マリンランドさんより譲渡していただいた生物たちは、引き続き大切に育てていきたいと思います。


搬入されたアメリカカブトガニ


水槽まではかごを使っての移動


かごから水槽へそっと


クリスマスイベント
「デンキウナギのジャングルツリー」11月27日より開催!
うら側探検隊リニューアル!「スナメリツアー」募集開始

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記