新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > 熊野灘で採集されたエビヤドリムシが新種と判明しました!


熊野灘で採集されたエビヤドリムシが新種と判明しました!

2020年11月09日(月)

 このたび、鳥羽水族館の学芸員が熊野灘の深海から採集したエビヤドリムシ類が、新属新種であることが判明しました。

 エビヤドリムシは大きくはエビ・カニと同じ甲殻類の仲間で、ダンゴムシなどと同じ等脚目に属する科です。エビヤドリムシ科の生物は、エビやカニなどに寄生する生物であり、鰓腔や腹部などを住処とします。

 今回エビノユタンポと和名の付いた本種は、鳥羽水族館が定期的におこなっている熊野灘の沖合底曳網採集で、2017年6月17日に尾鷲沖の水深280mで採集したノコノハエビジャコPrionocrangon dofleini(プリオノクランゴン ドフライニ)の腹部に付着しているところを採集したものです。発見した当館の学芸員が知り合いのエビヤドリムシ研究者である(株)水土舎の齋藤暢宏(さいとう のぶひろ53歳)氏に標本を送って確認してもらい、これまでに分類学的記載がおこなわれていない未記載種であることが判明しました。

 ノコノハエビジャコを宿主とするエビヤドリムシ類はこれまでに知られておらず、本種が初めての報告となります。本種は他種と形態が大きく異なり、また、寄生する向きが特徴的(本種は腹面を宿主の腹面に向ける)なことから新属新種となりました。本種は、鳥羽水族館と齋藤さんとの共同研究として論文に新種記載し、11月6日に日本甲殻類学会の国際誌:Crustacean Research 49(クラストシャン リサーチ 49)のweb 版に公開されました。

【今回新種と判明したエビヤドリムシ】
・エビノユタンポ Pleonobopyrus kumanonadensis(プレオノボピルス クマノナデンシス)
 全長:5.65mm 
 和名は「エビの“湯たんぽ”」の意で、エビが湯たんぽを抱えているように見えることから。

※現在のところ、生体・標本を展示する予定はございません。

エビヤドリムシとは

エビヤドリムシはエビやカニと同じ節足動物の仲間で、ダンゴムシと同じ等脚目(とうきゃくもく)に含まれる小型甲殻類。エビやカニの外部寄生生物であり、鰓腔や腹部などに寄生する。全世界から約600種、日本からは約100種が報告されている。


湯たんぽに見える!?


クリスマスイベント
「ビリビリツリー&水中サンタのプレゼント」
12月5日より開催!
うら側探検隊リニューアル!「スナメリツアー」募集開始

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記