新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > 希少淡水魚:カワバタモロコの保護に関する「みえ生物多様性パートナーシップ協定」を締結しました


希少淡水魚:カワバタモロコの保護に関する「みえ生物多様性パートナーシップ協定」を締結しました

2019年03月29日(金)

 日本固有種で三重県にも生息する希少淡水魚:カワバタモロコの保護を図るため、 3月28日に三重県、三交不動産株式会社、国立大学法人三重大学大学院生物資源学研究科及び株式会社鳥羽水族館の4者で「みえ生物多様性パートナーシップ協定」を締結しました。

 

◇カワバタモロコの保護の推進に関する協定の概要◇

協定締結者と取組内容

 ・三重県:広報、普及啓発への協力等

 ・三交不動産株式会社:生息状況調査等の実施、広報、学習会の開催等

 ・国立大学法人三重大学大学院生物資源学研究科:保護に必要な知識や技術の提供等

 ・株式会社鳥羽水族館:保護に必要な知識や技術の提供等

 

協定期間

 ・2019年3月28日から 2024年3月31日まで

 

【みえ生物多様性パートナーシップ協定とは】
三重県が、企業・活動団体・行政等との協創により生物多様性の保全を進める事を目的として平成29年度から始めた取組。今回の協定締結は「みえ生物多様性パートナーシップ協定」として6件目の締結例です。

 

【カワバタモロコとは】
日本固有種で本州中部以西、四国の瀬戸内海側、九州北西部のため池や小川に生息しており、産卵期のオスは金色に輝き美しい。現在環境省では、絶滅危惧種ⅠB類(近い将来における絶滅の危険性が高い)に指定されている。


「限定スペシャルナイト」 プレオープン 
50組250名様を無料ご招待!
限定スペシャルナイト 開催!
夏イベント「超レア!?世界No.1生きもの展」まもなく開催
うら側探検隊

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記