新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > ブリーディングローン(繁殖貸与契約)によりセイウチを1頭搬入しました


ブリーディングローン(繁殖貸与契約)によりセイウチを1頭搬入しました

2019年02月08日(金)

 

 ブリーディングローン(種の保存を目的とした動物の貸し借り)により、大分県にある大分マリーンパレス水族館「うみたまご」(大分県大分市)から鳥羽水族館へ、セイウチ1頭の輸送が2月7日~8日にかけて行われました。到着後、状態も良いことから本日より一般公開を行います。

 2月7日14:00頃、うみたまごでケージに収容された「泉(いずみ)」は10トンのトラックで出発しました。はじめはそわそわし、落ち着きのない様子を見せましたが約16時間の長旅を終え、8日午前6時過ぎに無事鳥羽水族館に到着しました。輸送中は餌のシシャモを約2㎏食べ、到着後も約1kg食べるなど食欲もあり、落ち着きを取り戻した姿に飼育担当者も一安心です。 セイウチは、「絶滅のおそれのある野生動植物の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」において、原産国による保護実施種である「付属書Ⅲ」に規定されている動物です。その為、今後日本へ輸入される見通しがほぼ見込めず、国内飼育施設同士で連携を図り、種の保存をおこなっていくことが必須です。うみたまごでは「泉」を含む3頭のセイウチを飼育していますが、いずれもメスのため、両館で協議した結果、鳥羽水族館でこれまでに2度メスとの間に仔を儲けた経験のあるオス(「ポウ」推定13歳)に期待を寄せ、うみたまごのセイウチ1頭をブリーディングローンにより移動する事になりました。今後、様子を見て同居をおこない、近い将来、新たな命が誕生することを期待しています。

今回搬入されたセイウチ:愛称「泉(いずみ)」(メス 推定13歳)
            2005年12月29日 うみたまご入館 ※野生個体
所有園館:大分マリーンパレス水族館「うみたまご」 (大分県大分市)
体  重:632kg ※2019年2月4日計測
体  長:2m40cm

 

ブリーディングローンとは・・・希少な動物を絶やさず増やしていくために、動物園や水族館同士で動物を貸し借りする制度 。協力して種の保存を実行している。

 


いざ!クレーンで水槽へ!


すぐにエサも食べ、すっかりリラックス。長旅お疲れ様~