新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > 鳥羽水族館の番組作品がグランプリ獲得


鳥羽水族館の番組作品がグランプリ獲得

2015年10月11日(日)


表彰式、番組ディレクターが     賞状を受け取る


最優秀賞、優秀賞、奨励賞の各賞


ZTVスタッフと杉本学芸員。   本日は正装で。

 日本ケーブルテレビ連盟東海支部主催の「ケーブルフェスタ2015 番組コンテスト」で鳥羽水族館と地元のケーブルテレビZTVが共同制作する「鳥羽水族館 もっと水の惑星(ほし)紀行」の作品がグランプリ(最優秀賞)に輝きました。
 

 このコンテストは東海地区のケーブル各局より、各局現場スタッフの制作意欲向上や、より多くの視聴者にケーブルテレビを見て頂くことを目的に毎年開催されているものです。

応募は2014年7月1日から2015年6月30日迄に放送された各局のレギュラー番組が対象で今年は東海地区4県23局のCATVから各社1作品の計23作品のエントリーがありました。審査は一次審査に公募で選出された地域内各年代の一般の男女、最終審査員はメディア関係者が努め、作品が①理解しやすく、訴えかけるものがあるか ②企画意図が明確で、観たいと思う番組になっているか などが審査基準とされました。

 ZTVから「鳥羽水族館 もっと水の惑星紀行」は初のエントリー。作品「冷たい海で元気な生きものたち」は水族館が極地など国内外で撮影してきた貴重な映像と共に身近な生きものたちの生態もわかりやすく紹介したことが評価され、今回の受賞となりました。
10月2日 名古屋ケーブルフェスタ2015ケーブルテレビパーティで表彰式が行われ、ZTV制作の担当者と番組で企画構成・出演を努める杉本学芸員も出席しました。「とても嬉しくて励みになります。スタッフの方々や協力してくれる飼育員に感謝でいっぱいです。また番組を観てくれている子供さんや年配の方々から応援の声もたくさん頂いているのでこれからも番組を通じて生きもののすばらしさをより多くの人に伝えていきたいです。」とコメントしました。


2015年受賞作品
【最優秀賞】 株式会社ZTV 番組名「鳥羽水族館もっと水の惑星紀行」
【優秀賞】  スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社 番組名  「鉄ぶら」
【奨励賞】  おりべネットワーク株式会社  番組名「おりべ情報局」

 

「鳥羽水族館 もっと水の惑星(ほし)紀行」

2000年にZTV(津のケーブルテレビ)と鳥羽水族館の共同制作でスタートした番組。学芸員が企画構成し、水族館が撮影した独自の映像に加え、レポーターとともに水族館や自然界に出かけて生きものたちを観察して、その生態の不思議やすばらしさを伝えている。月1回内容を更新。
現在ZTVを含め2府6県16社(三重・大阪・京都・奈良・滋賀・愛知・岐阜・和歌山)で放送され県内外2,053,654世帯に配信されている。CATVで15年続く長寿番組は極めて希。

 くわしくはこちら


限定スペシャルナイト 開催!
夏イベント「超レア!?世界No.1生きもの展」まもなく開催
うら側探検隊

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記