新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > フンボルトペンギンに赤ちゃん誕生!!


フンボルトペンギンに赤ちゃん誕生!!

2018年04月18日(水)

 2018年4月16日、フンボルトペンギンに赤ちゃんが誕生し順調に成長しています。

 4月15日15時30分頃、孵化の直前に見られる赤ちゃんが卵の内側から殻をつつく行動を飼育係が発見。4月16日12時55分頃に無事孵化していることを確認しました。生まれたときの赤ちゃんは体長約13cm、体重89g、ふわふわの毛に覆われ状態も良好です。
 孵化した卵の親はキムチ(メス・8歳)と大豆(オス・6歳)で、このペアの間で繁殖に成功したのは初めてです。今年初めてのペンギンの誕生にスタッフ一同喜ぶとともに無事に成長することを祈っています。
 赤ちゃんはまだ小さく現時点では見て頂くことは難しいですが、20日ほどすると巣の中から成長した赤ちゃんが顔をのぞかせるようになります。生後3ヶ月程で親鳥と同じくらいの大きさに成長し、来年の夏には羽も生え換わりすっかり大人の姿へと換わります。

赤ちゃん  4月16日生まれ 性別:不明、体長:約13cm・体重:89g(誕生時)
母親  愛称:キムチ / 年齢:8歳
 2010年4月8日 鳥羽水族館生まれ
父親  愛称:大豆(だいず) / 年齢 : 6歳
 2012年1月22日 鳥羽水族館生まれ


※4月26日(木)~5月13日(日)は、毎日13:30~13:40の約10分間「公開体重測定」を行います。但し雨天時は雛の体が冷えるため公開体重測定は中止させていただきます。また雛の体調によっても体重測定を中止する場合がございますのでご了承ください。


【フンボルトペンギンについて】
南アメリカ南部やペルー、チリの沿岸などに生息する体長約60cm、体重約4kgのペンギン。
生後1年~1年半で初めての換羽を向かえて成鳥になり、繁殖可能となる。