新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > 今年も大盛況!水中入社式2018


今年も大盛況!水中入社式2018

2018年03月31日(土)

 2018年3月31日、鳥羽水族館では新入社員を迎えるにあたり、今年も館内の大水槽にて水中入社式を行いました。今年入社した新入社員は計6名。そのうち水中入社式に挑戦したのは、潜水士の資格を持つ飼育研究部に配属される女性3名と男性1名です。

 今ではすっかり恒例行事となった鳥羽水族館の水中入社式ですが、最初に行ったのは2006年のこと。「せっかく飼育研究部に配属されるのなら記念になる形で」と、先輩飼育係たちの提案がきっかけでスタートし、回を重ねる毎に、メディアや一般の方から問い合わせをいただくなど年々注目度が増し、今年で12回目を迎えました。

 会場はいつもお客様でにぎわうエントランスホールと、ホールに面した水量約800トンのコーラルリーフ・ダイビング水槽(奥行き15×横16×水深5.5メートル)。多くのお客様や報道陣が見守る中、水槽にリクルートスーツを身にまとった新入社員4人が次々と登場すると、お客様からはどよめきと応援の声があがりました。晴れの舞台に少し緊張した様子をみせながらも水槽内で副館長から辞令を受け取り、水中マイクでお礼の言葉や今後の抱負をしっかりと述べました。
  その後、一緒に潜った先輩飼育係からガラス磨き用のスポンジをプレゼントされ、早速掃除に挑戦。両手ですいすいとガラスを磨く先輩のとなりで、新入社員の4人は水槽に固定された取手をつかみ、バランスをとりながら水中での記念すべき初仕事をこなしました。 最後はお客様に向かい全員揃って笑顔で手を振っていました。

 無事に式を終えた新入社員は、「鳥羽水族館が大人から子供まで全ての人に楽しいと思ってもらえるよう頑張っていきたい。」と意気込みを語りました。彼らは数日間の研修期間を終えた後、飼育研究部へ配属される予定となっています。


今年度の水中入社式の動画はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

水中入社式 動画公開中!


副館長から辞令書を受け取る代表の中澤さん


 取材陣に意気込みを語る4人


  • 飼育日記