新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > 《日本初記録》オオクチイシナギの繁殖に成功


《日本初記録》オオクチイシナギの繁殖に成功

2017年09月21日(木)

 2017年9月10日より、鳥羽水族館で繁殖に成功した大型海水魚「オオクチイシナギ」の稚魚の展示を開始しました。オオクチイシナギの繁殖は日本では今回が初めてです。

 2017年2月28日17時頃、オオクチイシナギの水槽内に無数の卵が浮遊しているのを見回り中の担当者が確認しました。慎重に卵を回収し(約5000粒)、専用の水槽に移して観察をしていたところ、50時間後には孵化が始まった為、孵化仔魚の育成に努めました。 孵化時にはわずか4mm程度しかなかった全長も、6ヶ月以上の育成期間を経て、現在は約13cmまで達しました。なお繁殖に成功した個体数は約100個体です。

 9月10日より「伊勢志摩の海ゾーン」にて繁殖個体の内、17個体を一般公開しており、親顔負けのしっかりとした泳ぎと風貌に担当者も安心し見守っています。 稚魚は黒地に4~5本の白いストライプ模様が入っているのが特徴で、隣の水槽には親魚も展示しているので親と仔を比較することができます。

 

【オオクチイシナギ】
北海道~九州沿岸の水深400~600mの深海に生息する大型魚で、大きいものでは全長が2m近くになります。


バックヤードで育成中の様子(約4か月)


成魚はこの迫力!


おひとりさま限定!!
"ひとリウム"
クリスマスイベント
「セイウチサンタとビリビリツリー」
11月23日より開催!
うら側探検隊

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記