新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > ジュゴンのセレナ 入館記念日に海草のケーキをプレゼント


ジュゴンのセレナ 入館記念日に海草のケーキをプレゼント

2017年04月16日(日)

 日本で唯一鳥羽水族館でのみ飼育しているジュゴンの「セレナ」が2017年4月15日で入館30周年を迎えました。これを記念して入館日である4月15日と翌日の16日にセレナの好物の海草で作製したケーキをプレゼントしました。

 海草のケーキのプレゼントは15日、16日の12:30から行われました。土台の直径が約60cmもある3段重ねのケーキは、セレナの大好物のアマモをメインにロメインレタスをあしらったもので、一番上に記念すべき「30」の文字を掲げた飼育員手作りの完全オリジナルケーキです。
 ジュゴンの飼育・研究に関わって32年の副館長が解説を始めるとお客さんの期待も高まり水槽に釘付けです。セレナをフィリピンで保護した当時や今までの思い出を話したのち、ダイバーがケーキを持って水槽に潜るとセレナはすぐに近寄ってきて、おいしそうに食べ始めました。続いて、ダイバーが「セレナ入館30周年おめでとう!!」と書かれた横断幕を広げると会場のお客さんからは拍手が贈られ、お祝いムードに包まれました。

 セレナが入館したのは1987年4月15日で、入館当時の全長は147.5cm、体重67kgでしたが、30年経った今では全長260cm、体重400kg近くにまで成長しました。今回、海草のケーキを作ったジュゴンの担当飼育員は「これからも健康に気をつけて、長生きしてほしい」と話しています。


飼育員が愛情込めて作っています


入館当時からセレナを見守ってきた副館長


ケーキを頬張るセレナにお客さんも大喜び


秋イベント「トバスイ ウェルカム・ハロウィン」
好評開催中!!
10月28日(土)
ハロウィンナイト開催!
うら側探検隊

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記