新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > バイカルアザラシ「ナターシャ」入館38周年


バイカルアザラシ「ナターシャ」入館38周年

2019年05月17日(金)

 鳥羽水族館で飼育している国内最高齢、長期飼育日本記録更新中のバイカルアザラシ「ナターシャ」(メス、推定38歳)が2019年5月17日で入館38周年を迎えました。これを記念して入館記念日の本日、ナターシャに毎年恒例となっている大好物の川魚「アユ」をプレゼントしました。

 アユのプレゼントは5月17日11:00~と15:00~の2回行われ、それぞれ3匹ずつ、計6匹をプレゼントしました。午前は3匹ともペロッと完食し満足そうな顔をしていましたが、午後にプレゼントした最後の1匹が「ナターシャ」の口からこぼれ落ちてしまい、近くにいたオスの「キール」に食べられてしまうハプニングもありました。
 アユを美味しそうに食べるナターシャを見て、担当の飼育係は「元気なナターシャですが、最近は少し目が悪くなってきて少しずつ衰えが出てきているので、これからもしっかりと見守っていきたいです。ナターシャおめでとう!」と話しています。


アユを食べるナターシャ


正月イベント
「鳥羽水2020 夢を叶えるチューチュー神社」
12月28日より開催!
クリスマスイベント「電撃ウナギの感電ツリーと水の中のサンタさん」
11月30日より開催!
うら側探検隊

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記