新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > イロワケイルカの赤ちゃん愛称決定!命名「リオ」


イロワケイルカの赤ちゃん愛称決定!命名「リオ」

2016年09月30日(金)

 今年8月5日に生まれたイロワケイルカの赤ちゃんに「リオ」という素敵な名前が付きました。飼育員は、この力強い名前のように元気に成長し、水族館の人気者になることを期待しています。

 水族館では赤ちゃん(オス)の名前を9月12日~26日まで募集し、館内応募用紙881通・ハガキ175通、合計1056通という多くのご応募を頂きました。この中からイロワケイルカ飼育担当者による審査・検討の結果、「リオ」という名前に決定しました。

 赤ちゃんが生まれた2016年はリオデジャネイロオリンピックが開催された年で世間の注目度も高く、応募数が3番目に多かったのが決定の主な理由です。また、名前の響きが良く力強い印象を受けることから、元気に育って欲しいという飼育員たちの思いも込められています。

 ご応募頂いた名前で最も多かったのが両親の名前にちなんだ「ライ」で、他には「ライカ」、「カラ」、といった名前などです。「リオ」でご応募いただいたのは31名様で、その中から抽選で3名様にイロワケイルカの親子のぬいぐるみをプレゼントいたします。(※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます)

 

 現在、「リオ」は母親と共に元気に水槽内を泳ぎ回るなど順調に成長しています。誕生時、体長70cm体重7㎏だった体は、この約2ヶ月で体長約85㎝体重約10㎏(推定)まで大きくなりました。体の模様は生まれた頃の灰色から次第に親と同じ白黒に変わり始めており、最近は母親と遊んだり、給水口に近づいて様子を見るなど、様々なものに興味津々です。

 赤ちゃんは現在、母乳だけで成長していますが、10月下旬頃からは少しずつ小魚を与えながら慣らしていく予定です。飼育担当者は「まだ魚を与えはじめるまでは安心できないが、このまま元気に健康に育ってほしい。」と話しています。

 

 リオ(子ども)  2016年8月5日 7時22分誕生
 【誕生時】 体長:推定70cm / 体重:推定7kg
 【現  在】 体長:推定85cm / 体重:推定10kg
母 親  愛称:ララ / 年齢:推定25歳 / 出産経験:6回目
 入館:1996年3月 旧マリンピア松島水族館
     [宮城県宮城郡松島町]より)
父 親  愛称:カイ / 年齢 : 19歳
 入館:1997年5月25日 鳥羽水族館生まれ

 

 【お知らせ】残念ながら、リオは2019年6月14日に斃死しました。

赤ちゃん(リオ)は「極地の海」ゾーンにてご覧になれます。

鳥羽水族館で現在飼育されているイロワケイルカは5頭(オス3頭〈赤ちゃん含む〉、メス2頭)です。


「リオ」です!素敵な名前をありがとう!


《秋イベント》見つけ出せ!
秋に溶け込む生きものたち(10月10日より開催)
うら側探検隊リニューアル!「スナメリツアー」募集開始

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記