新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > イロワケイルカの『スカイ』 八景島へお引越し


イロワケイルカの『スカイ』 八景島へお引越し

2016年06月06日(月)

6月6日(月)、イロワケイルカの「スカイ」(雄2歳)の横浜・八景島シーパラダイス(神奈川)への輸送が行われました。

 

 鳥羽水族館では5頭のイロワケイルカ(雌2頭、雄3頭)を飼育していますが、今回そのうちの雄の「スカイ」1頭をイロワケイルカの中長期的な繁殖に協力するために横浜・八景島シーパラダイスに搬出することとなりました。6日の午前7時、「スカイ」を乗せた13tの大型トラックは鳥羽水族館を出発し東名高速道路を通って、八景島には午後1時30分頃に到着。約460km、約6時間かけての長距離の引越しとなりました。到着後は無事展示プールに搬入され、今のところとても落ち着いているとのことです。このまま状態が安定している場合は6月10日(金)から一般公開の予定です。

「スカイ」は2013年6月15日に鳥羽水族館で生まれた繁殖個体で、元気に泳ぎ回る姿がお客さんの注目を集め、とても人気者でした。担当の飼育係は「少し寂しくなりますが、八景島シーパラダイスでも元気に過ごしてほしい」と話しています。

 


用意された大型トラックの積み込み


トラックに移動しても落ち着いた様子


みんなに見送られていざ出発!