新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > 新人トレーナーがショーデビュー


新人トレーナーがショーデビュー

2014年05月03日(土)


笑顔いっぱい!


高~くジャンプ!

 2014年5月3日、アシカショーに新人トレーナーがデビューしました。

 デビューしたのは昨年12月に入社した磯原さん。子どもの頃からの夢である飼育係になりたいと専門学校を卒業後、鳥羽水族館に入社しました。海水魚に興味があったという彼女ですが、配属されたのはアシカやアザラシなどの海獣類を担当するショーチームです。学生時代には触れたことのない海獣たちに、入社当初は戸惑い気味・・・。しかし、「動物に感謝の気持ちが持てる飼育係になりたい。」という強い思いのもと、今日のデビューに向けてパートナーであるミナミアフリカオットセイの「スー」と日々信頼関係を築いてきました。

 

 本番当日はGWの真っ只中ということもあり、客席は超満員。音楽隊に扮するアシカたちが、演奏とともに様々な種目を披露するショーで「スー」は鈴を担当しました。時折、演奏のリズムからずれてしまう鈴に、先輩トレーナーは冷や汗もの。苦手だと話していた輪投げ種目は毎日自主練習を重ね、危なげながらも見事大成功!!お客さんから大きな拍手をいただきました。

 

緊張のデビューを果たした磯原さんへインタビュー!!

初ステージの感想は?

「疲れました(笑)緊張しすぎて手が震えていました。たくさんのお客さんの前というのは初めてでしたが、とっても楽しかったです!」

今後チャレンジしたい事や夢は?

「ショーに出てみないと分からない発見がありました。ショーを通じてお客さんに動物の魅力を伝えられるんだなって。せっかくショーチームに入ったからには、いろいろな個体のトレーニングにもチャレンジして、さらに魅力を伝えていきたいと思います。」

 

超満員の大舞台でのデビューとなった彼女。次なる夢に向かってさらなる一歩を踏み出します。


  • 飼育日記