新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > 飼育の日 ジュゴンとスナメリの飼育係トークを開催しました


飼育の日 ジュゴンとスナメリの飼育係トークを開催しました

2014年04月19日(土)


スナメリのひみつや・・・


ジュゴンのひみつ・・・

 4月19日は、4(し)・1(い)・9(く)の語呂合わせから「飼育の日」。鳥羽水族館ではこの「飼育の日」に、人気者「ジュゴン」と「スナメリ」の飼育係によるスペシャルトークを行いました。

 

 4月19日「飼育の日」は動物園・水族館の役割や飼育係の仕事を理解してもらおうと日本動物園水族館協会によって定められた日です。

 11:00から行われたスナメリのトークでは、昨年日本初の人工哺育を成功させた飼育係がその苦労話を紹介。イラストを交えてオスメスの見分け方や普段の食事の様子などをお話しすると、参加者は興味深そうに時折ガラス面に寄ってくるスナメリを見つめていました。

 12:30分からはジュゴンのトークを開催。ジュゴンのセレナが日本にやってきたときから見守り続けている飼育係がそのエピソードを紹介。いつも生きものたちの身近にいる飼育係だからこそ知っているジュゴンの鳴き声(録音したもの)をスピーカーから流すと、小鳥のような鳴き声に思わず「かわいい」との声も聞こえました。

普段は耳にすることの少ない、飼育係から見た生きものたちの魅力。そんな魅力を感じてもらえる1日限定の特別なイベントとなりました。

  

【飼育の日】

 2009年、日本動物園水族館協会が協会創立70周年を記念して4月19日を「飼育の日」と定めた。普段見ることができない裏側の仕事や講演会など飼育係の仕事を紹介、動物園・水族館の役割を理解してもらうことが目的。各園館で様々なイベントなどを行っている。

 

【日本動物園水族館協会】

 日本動物園水族館協会(JAPANESE ASSOCIATION OF ZOOS AND AQUARIUMS)は、教育活動の充実や動物福祉の邁進、希少動物の保護繁殖などを目的に掲げており、日本国内の151の動物園・水族館が加盟している(加盟していない動物園・水族館も多数存在する)。


  • 飼育日記