イベント情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 >「おせちになっちゃう生きものたち」+「お餅つき」


「おせちになっちゃう生きものたち」+「お餅つき」

2015年12月24日(木)


飼育がむずかしいカズノコの親:ニシンも展示。


普段食べているイクラとは何かが違う!?黒い点は稚魚の目玉


おせち水槽のイセエビとウツボ。


館長自ら餅つきに参戦

2016年お正月イベントが始まりました。(12月30日~)今年も職員によるお餅つきはもちろん、オリジナルのカレンダー作りやおせち料理にちなんだ初の試みの特別「おせち水槽」が登場するなど鳥羽水族館は年初から盛りだくさんにスタートします。

■特別展示「おせち水槽」登場!    

 お正月と言えばおせち料理。そのおせち料理の素材となる魚介類の生きている姿を見ていただこうと特別な「おせち水槽」を設置します。この水槽にはイセエビや、アワビ、ナマコやウツボなどこの地方のおせちには欠かせない生きものたちを展示し、お正月の風習も合わせてパネルで紹介します。また他にも貴重で珍しい展示として水族館では見る機会のほとんどない「カズノコ」の親であるニシンや珍しいサケの卵イクラの発生途中の様子も見られる水槽設置も予定しています。

・水槽数:合計3水槽(90㎝水槽:2本、120㎝水槽:1本)
・展示動物数:9種226(内サケの卵と稚魚が計200)点を展示予定
  イセエビ、ナヌカザメ、ニシン、ウツボ、アワビ、サザエ、
  ムラサキウニ、ナマコ、サケの卵(イクラ)と稚魚
・日時: 12月30日~1月7日
・場所: 館内「人魚の海」ゾーン前

■お正月の「お餅つき」            

   1月1日~3日までの3日間、飼育員や館長を含め職員たちが臼と杵でお餅をつきお客さんに振る舞います。時間は10:20~ 1日先着200名。つきたてのお餅と年の初めの楽しい思い出をどうぞお持ち帰りください。 (参加費:無料)

・日時: 1月1日~1月3日
・場所:館内レストラン「ベイサイド」前

■オリジナルしめ縄カレンダーを作ろう   

 会場にある特製しめ縄カードにオリジナルのスタンプを押して自分だけの特製カレンダー(1月用)を作りましょう。このカードは後で写真立てとしても使えます。(参加費:無料)

・日時: 12月30日~1月7日
・場所: 館内「人魚の海」ゾーン前


  • 飼育日記