新着情報

鳥羽水族館 トップページ > イベント・新着情報 > アフリカマナティー「みらい」の身体測定


アフリカマナティー「みらい」の身体測定

2012年05月18日(金)


まずはメジャーで大きさを測って…


体重はマナティーを担架に乗せ、 クレーンで吊って量ります

 2012年5月18日、アフリカマナティー「みらい」(メス、推定4歳)の身体測定を行いました。これは2010年に入館した「みらい」がどれほど成長しているのかを確認し、今後の健康管理に活かす為です。

 

 アフリカマナティーは日本では鳥羽水族館でしか飼育していない貴重な動物です。「みらい」が鳥羽水族館へ入館したのは、今からおよそ1年半前の2010年11月1日。遠いギニア共和国からやってきた当時は推定2歳、体長200cm、体重140kgでした。先に飼育されていた2頭(メス:はるか/オス:かなた)と比較するとまだまだ小柄ですが食欲旺盛で、現在はエサの牧草やサニーレタス、グリーンリーフレタスなどを1日に10kgほど食べています。

 

 前回の身体測定は入館からちょうど1年後の2011年11月1日に行い、体長233cm、体重240kgでした。それから半年経った今回の測定結果は体長243cm、体重310kgで、前回と比べて体長が10cm伸び、体重は70kg増えていました。飼育担当者は「予想を超える体重で、順調すぎる成長具合。この調子で元気にすくすく育って欲しい。」と話しています。大人になると1tを超えることもあるアフリカマナティー、まだまだ大きくなる「みらい」の今後が楽しみです。


おひとりさま限定!!
"ひとリウム"
クリスマスイベント
「セイウチサンタとビリビリツリー」
11月23日より開催!
うら側探検隊

過去のイベント情報

イベント情報トップページへ
  • 飼育日記